JAL 向津具(むかつく)ダブルマラソン大会情報

JAL 向津具(むかつく)ダブルマラソン大会情報

大都市を走るマラソン大会も楽しいですが、せっかく走るならランナーだからこそ見れる景色を楽しみたいところ。そんな希望を叶えてくれるのが山口県長門市で開催されるJAL 向津具(むかつく)ダブルマラソンです。

アメリカCNN「日本の最も美しい場所31選」に選ばれた「元乃隅神社」や、日本の棚田百選の「東後畑棚田」など美しい景色が詰まっている向津具半島を走れるウルトラマラソン。アップダウンの激しいコースをぜひご堪能ください。

Advertisement

JAL 向津具(むかつく)ダブルマラソン大会の特徴

JAL 向津具ダブルマラソンはその名前のとおり、フルマラソン2本分の距離を走るウルトラマラソンの大会です。ただしウルトラマラソンは厳しいという人のためにシングルフルマラソン部門やウォーキング部門も用意されています。

種目
・ダブルフルマラソン(84.39km)
・シングルフルマラソン(42.195km)
・棚田ウォーク(約30km)

半島の海沿いを走るため、ダブルフルマラソンもシングルフルマラソンも最大高低差は300m以上。さらにフラットな場所がほぼないくらいアップダウンが続く難コースとなっていますが、だからこそ大きな達成感が得られる魅力の大会です。

おすすめは半島の先端まで行けるダブルフルマラソンです。制限時間も13時間ありますので、ウルトラマラソン経験者なら完走はそれほど難しくないはず。ただ、シングルフルマラソンにして、あとは観光で巡るというのもOK。

6月開催ということで、梅雨時期ではありますが比較的走りやすい気温なのも魅力的。晴れれば絶景が待っており、雨でも趣のある風景とグルメとおもてなしのエイドステーションがあるので、気持ちよく駆け抜けることができます。

レースとしての魅力と、旅ランとしての魅力の両方が詰まった大会です。大会規模はそれほど大きくなく、アットホームな雰囲気で楽しめますので、初めてのウルトラマラソン挑戦という人にもおすすめです。

JAL 向津具(むかつく)ダブルマラソン大会のレポート

JAL 向津具(むかつく)ダブルマラソン大会はあまり規模の大きくない大会ですが、過去の参加者がブログなどで魅力を語ってくれていますので、参考になるレポートをいくつか紹介します。

らいもん250km
向津具(むかつく)ダブルマラソン完走記①
向津具(むかつく)ダブルマラソン完走記②
向津具(むかつく)ダブルマラソン完走記③

ママランナーちかの今日もRUN日和
【第118話】向津具(むかつく)マラソン参加✿

okiraku-chizuのブログ
向津具ダブルマラソン完走(^o^)/

との、ごRUN心でござる
第2回 向津久ダブルマラソン(前半)
第2回 向津久ダブルマラソン(後半)

Advertisement

大会詳細情報

第6回JAL 向津具ダブルマラソン
開催日2022年6月12日(日)
エントリー期間2022年1月14日~2022年3月13日
参加者決定方法先着
種目ダブルフルマラソン(84.39km)
シングルフルマラソン(42.195km)
棚田ウォーク(約30km)
開催場所山口県長門市
スタート時間6:00:ダブルフルマラソン
8:30:シングルフルマラソン
9:00:棚田ウォーク
大会受付前日:14:00~18:30(全種目)
当日:4:30~5:30(ダブルフルマラソン)
   6:30~7:30(シングルフルマラソン)
   7:30~8:30(棚田ウォーク)
受付会場長門市文化会館「ラポールゆや」
大会会場長門市油谷総合運動公園
スタート場所長門市油谷総合運動公園
フィニッシュ場所長門市油谷総合運動公園
参加資格ダブルフルマラソン:男女18歳以上
シングルフルマラソン:男女18歳以上
棚田ウォーク:男女小学以上
制限時間ダブルフルマラソン:13時間
シングルフルマラソン:8時間
棚田ウォーク:10時間
参加費ダブルフルマラソン:13,000円
シングルフルマラソン:8,000円
棚田ウォーク:4,000円(小学2,500円)
定員ダブルフルマラソン:629人
シングルフルマラソン:629人
棚田ウォーク:300人
大会HPhttps://www.mukatsuku-w-marathon.com

JAL向津具(むかつく)ダブルマラソンにエントリー

Advertisement

山口のおすすめガイド本

JAL向津具(むかつく)ダブルマラソンが開催される山口県長門市は風光明媚で観光に適したエリアですが、満喫するためには事前の情報収集も大切です。最高の景色を見逃さないためにも、しっかりと下調べしておきましょう。

そこで、ここでは旅ランとしてのJAL向津具(むかつく)ダブルマラソンを楽しむためのガイド本をいくつかご紹介します。

大会情報カテゴリの最新記事