体を芯から鍛えなおすセムコ「コンパクト一本歯下駄」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ランニングには体幹を整えることが大切と聞いたことありませんか?体幹というのは体の軸になる部分です。独楽の芯がブレているとちゃんと回らないように、人間の体も芯が弱いと長く走り続けることができません。

大学駅伝で高いレベルを維持し続けている青山学院大学も、普段の練習から体幹トレーニングを取り入れているのは有名ですよね。

でも普通の市民ランナーが、体幹トレーニングをしたくても、きちんと教えてくれる人がいなければ、インナーマッスルを鍛えているつもりでも、知らず知らずのうちにアウターの筋肉を使ってしまいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

特に男性ランナーは筋力があるので、体の芯にあるインナーマッスルを鍛えるのがとても難しいんです。

ところが、セムコから発売されている「コンパクト一本歯下駄」を履いて走るだけで、体の内側の筋肉が刺激されて、体幹が整いやすくなります。

少し乱暴な説明になりますが、人間の体にはアウターに力を出すための筋肉があり、インナーにバランスをとるための筋肉があります。ダッシュをしたり、マシンを使った筋トレで鍛えられるのはアウターの筋肉です。

コンパクト一本歯下駄は、シューズに装着するタイプの一本歯下駄で、とても不安定な状態になるため、体がバランスを取ろうとして、インナーマッスルを使おうとします。その結果、これまで使われていなかったインナーマッスルに刺激が入り、鍛えられるという仕組みです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実際に一本歯下駄を履いてフルマラソンを完走したランナーもいるのですが、普通のランナーには少しハードルが高いですよね。ちょっと怖い感じもありますし。ところがコンパクト一本歯下駄ならいつでも取り外し可能で、危ないと思ったらいつでもシューズに戻すことができます。

履き始めは人によっては100mも走れないかもしれません。使い方のコツとしては、最初は無理をしないことが大事です。徐々に距離は伸びていきますし、その過程で体幹が整っていきます。

無理をして走ると、翌日以降に信じられないような筋肉痛になってしまいます。

そのため、普段の練習の時短も可能です。いつも10㎞走っているなら、コンパクト一本歯下駄できちんと走れるよになったら、その半分の5㎞くらいでも十分です。

コンパクト一本歯下駄は初心者の体づくりから、上級者の体幹トレーニングにまで幅広く使えることが特徴です。足のサイズに合わせてバンドを調整しますので、どんなサイズのシューズでも合わせることができます。

自分のランニングフォームを見直したかったり、もうワンランクの走りを身に着けたいと思っている人は、ぜひセムコのコンパクト一本歯下駄でトレーニングしてみましょう。税抜・送料別ですが価格も3,800円とコンパクトです。

購入はヤフーショッピングから行うことができますので、興味がある人はぜひチェックしてください。

ヤフーショッピング:セムコ
ヤフーショッピング:コンパクト一本歯下駄
セムコホームページ:http://semuco.co.jp

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、姉妹商品で室内履き用に作られた「コンタ駄」もおすすめです。室内で履いているだけで、しっかりとしたトレーニングになります。ただし、歩くと少し音が響くので、アパートの2階以上での使用は避けたほうがいいかもしれません。

その場合は、やはりコンパクト一本歯下駄でランニングや散歩に一本歯下駄を取り入れてみましょう。

ヤフーショッピング:コンタ駄

スポンサーリンク

スポンサーリンク