Amazonプライムワードローブを使って自宅でランニングシューズの試し履き

都市部に住んでいるランナーさんなら、近所にスポーツショップがいくつもあってランニングシューズを選ぶときに、きちんと足を合わせてから購入できますが、地方のランナーさんは、都市部にまで買い物に出かけなくてはいけませんよね。

ネットショップで購入するという方法もありますが、ウェアはともかくランニングシューズはフィット感が重要ですので、ネットで購入するのには勇気がいります。時間がない場合には今と同じモデルを購入になってしまいます。

シューズはゆっくりと試し履きしてから購入したい。そういうランナーさんにおすすめしたいのが、Amazonプライムワードローブです。このサービスは気になるアイテムを取り寄せて自宅で試すことができます。

その中にはもちろんランニングシューズも含まれています。

ここではそんなAmazonプライムワードローブがどのようなサービスで、どう活用すればいいのかをご紹介します。

Amazonプライムワードローブとは?

Amazonプライムワードローブはウェアやアクセサリなど、身につけるものを取り寄せて試着し、気に入ったものだけを購入するサービスです。購入しないものに関してはAmazonに送り返すだけです。

取り寄せられるのは最低3アイテム最大8アイテムまでですので、例えばランニングシューズなら、26.5cm〜27.5cmまでの3足を色違いで取り寄せというような使い方をします。その中で足に合ったサイズ、気に入ったデザインのものを残すわけです。

お試しできるのは最長7日間ですが、ランニングシューズの場合にはそこまで悩むこともないですよね。ただ、平日に取り寄せて土日にゆっくりと確認してみるというような使い方ができます。

もちろん、ランニングシューズ以外のランニングウェアなども対象になっていることもあり、こちらも同じように試着できます。

Amazonプライムワードローブ利用条件

とても便利なAmazonプライムワードローブですが、こちらを利用するためには条件が1つだけあります。それはサービスの名前からも分かりますように、アマゾンプライム会員になっている必要があります。

とはいえAmazonプライムは、年間プラン3,900円、または月間プラン400円で加入できる上に、Amazonのさまざまなサービスを利用できますので、加入しておいて損はないサービスです。

年間3,900円で試し履きが自由にできるわけですから、都市部にまで出かける交通費を考えれば圧倒的にお得です。しかもAmazonの下記サービスを受けることができます。

Prime Video
Prime Music
Amazon Photos
Prime Reading

本を読む人なら、毎月1冊読むだけでもとをとれる計算になります。さらに30日間の無料体験もできますので、気になるランニングシューズがあるというランナーさんは、まずはお試して利用してみてはいかがでしょう。

Amazonプライムワードローブ利用時の注意点

Amazonプライムワードローブを使えば、自宅にいながら試着ができますが、1つだけ注意点があります。それは、室内でしか試し履きができないということと、タグは外せないということです。お店で試し履きするのと同じ状態です。

外を走ってみて……と思っている人もいるかもしれませんが、返品されたものはまた倉庫に戻りますので、走って汚したら再販できませんよね。購入するまではお店のもの(Amazonのもの)ですので取り扱いには注意してください。

また、返品を忘れてしまうとすべて購入扱いになってしまいます。最適な1足を決めたら、早めに残りを返品するようにしましょう。

利用できるランニングシューズ

残念ながらこのサービスは、すべてのランニングシューズに適用されるわけではありません。このため利用できるランニングシューズに限りがあります。ただ、人気シューズも試し履きできますので、代表的なシューズをご紹介しておきます。

 

ミズノ ウエーブエンペラー 3

 

アシックス Gel-Kayano 24


アディダス Adizero Takumi ren Boost 3

アディダス Adizero bekoji 

ここでご紹介したランニングシューズは、Amazonプライムワードローブの一部でしかありません。この他にもたくさんのランニングシューズが対象となっていますので、こちらからご確認ください。

ちなみに「prime wardrobe」という表記があるものが、対象商品になりますので、そのようなサービスがあるというだけでも覚えておきましょう。