推進力をプラスしたHOKAのトレーニングモデル「MACH X」が7月3日に登場!

推進力をプラスしたHOKAのトレーニングモデル「MACH X」が7月3日に登場!

柔らかさと瞬発力に特徴があるHOKAの人気ランニングシューズ「MACH」に、推進力のあるPebax(R)プレートを搭載したトレーニングモデル「MACH X」が2023年7月3日に登場します。「MACH」の履き心地を維持しながら、スピードを出すことができ、あらゆるトレーニングシーンで活躍する1足となります。

価格は30,800円と高額ですが、耐久性にも優れており、長く履けることを考えればそこまで割高感はありません。もちろんHOKAらしいメタロッカー構造で足裏を転がすように走れるので、HOKA好きのランナーにとってとても魅力的なアイテムに仕上がっています。

Advertisement

ポイント練習に適したHOKAアスリートのための1足

「MACH X」は、週半ばのワークアウトやテンポ走の質を高めたいというHOKAアスリートの要望に応えて誕生したランニングシューズです。このため、位置づけとしては「トレーニングシューズ」ということになりますが、十分にレース用シューズとしても使える1足です。

あえて「トレーニングシューズ」としているのは、耐久性を重視した結果、MACHと比較してシューズが重くなっていることをHOKAが意識しているのかもしれませんが、それでも27cmで266gと他社のスタンダードシューズとほとんど変わりません。

実際に履いたわけではありませんので名言はできませんが、サブ3.5くらいまでなら問題なくレースで使えるポテンシャルは備わっています。そもそもMACH(マッハ)が、その名前の通りスピードを出すためのシューズなのですが、そこに高い推進力を実現するPebax(R)プレートを搭載させたわけです。

しかもHOKAのカーボンプレート搭載シューズ「CARBON X 3」のミッドソールフォームよりも34%高い反発力を持つPEBAフォームを採用。高い反発性とクッション性が、さまざまなペースに対応し、これまで以上にスピード感のある走りを可能にしています。

メタロッカー構造を採用しているので、LSDのようなゆっくり走るロング走でも、スピードを上げるインターバルでも使えるので、これ1足で成立するオールラウンダーな1足です。もちろんサブ3.5以上を目指すなら、ワンランク上のレーシングシューズと組み合わせるのがおすすめですが、そうでないならこれだけで十分。

ぜひこの夏の走り込み、スピード練習の相棒にしてみてください。

Advertisement

HOKAプロダクト担当のコメント

「MACH X」は、ハイパフォーマンスに特化したテンポ走シューズです。競技アスリートが求めるスピードにマッチするよう、優れた反発性が備わっています。ソフトでキレのある、HOKAの真骨頂ともいえるライド感を実現したデイリートレーニングモデルです。「MACH X」は、全力で走りたいランナーに最適なシューズです。

MACH X 商品概要

Mens:Lime Glow・Sunlit Ocean

Mens:White・Blue Glass

Mens:Black・Silver (9月発売)

Womens:Ocean Mist・Lime Glow

Womens:White・Blue Glass

Womens:Black・Silver (9月発売)
価格30,800円(税込)
サイズMen’s:25.0-29.0, 30.0cm
Women’s:22.0-25.0cm
重さMen’s:266g/27.0cm
Women’s:227g/24.0cm
ソールスペックMen’s
オフセット5mm / ヒール39mm / フォアフット34mm

Women’s
オフセット5mm / ヒール37mm / フォアフット32mm
カラーMen’s
・Lime Glow/Sunlit Ocean
・White/Blue Glass
・Black/Silver (9月)

Women’s
・Ocean Mist/Lime Glow
・White/Blue Glass
・Black/Silver (9月)

ランニングシューズカテゴリの最新記事