HOKAなのにソールが厚くない?トップアスリート向けレーシングモデル「CIELO RD」

HOKAなのにソールが厚くない?トップアスリート向けレーシングモデル「CIELO RD」

これ本当にHOKAのランニングシューズですか?「HOKA」のロゴが入っていなかったら、そう聞いてしまいそうなくらいスタイリッシュなランニングシューズ「CIELO RD」が、2023年7月15日から順次発売になります。

ヒール厚が31mmと最近のトレンドとなっている厚底シューズのヒール厚(39〜40mm)と比べて、8mm近くソールが薄めなのですが、軽さにこだわっており、しかもこのソール厚でメタロッカー構造も搭載。かなり気になる1足に仕上がっています。

Advertisement

レースでもトレーニングでもスピードを追求できる1足

CIELO RDの特徴は、なんといっても軽いことにあります。HOKAのランニングシューズはいずれも軽い傾向にあるのですが、そのなかでもCIELO RDは26.5cmで192gと、薄底シューズ全盛期の超軽量モデルと同等の獵るさに仕上がっています。

その軽さからもわかりますように、「CIELO RD」はトップアスリート向けレーシングモデルになり、誰にでもおすすめというわけではありません。軽さと引き換えに耐久性もクリフトンなどの他のモデルよりも下がっているはずですので、ランニングシューズは1年に1足としているような人には不向きです。

ただし、速さを追求するのに特化しており、ハードなトレーニングを積み、レースで限界に挑むための機能だけに絞って搭載しているのでもあり、無理なくスピードを維持できます。もちろんHOKAらしい足を包むこむ構造になっていて、追従性も高いランニングシューズとなっています。

トレンドとなっているカーボンプレートなどの補強材は使っていませんが、ミッドソールには高い反発力のPEBAフォームを採用しており、しっかりと反発を得ながらトップスピードで走れます。スピードに課題を抱えている人は、この夏のポイント練習やハーフマラソン、マイルレースなどの用途に選んでみてはいかがでしょう。

CIELO RD 商品概要

White・Ceramic
Black・Multi(9月発売)
価格26,400円(税込)
サイズ23.0-29.0, 30.0cm
重さ192g/26.5cm
ソールスペックオフセット3mm / ヒール31mm / フォアフット28mm
カラー・White・Ceramic
・Black・Multi(9月発売)

ランニングシューズカテゴリの最新記事