速さを実現するためにすべての無駄を削ぎ落としたHOKA「CIELO X1」登場!

速さを実現するためにすべての無駄を削ぎ落としたHOKA「CIELO X1」登場!

ランニングシューズメーカーにとって、最速で走れるための1足を作り出すことが至上命題となっていますが、速さを追求すると耐久性が落ちたり、立ち止まったときの安定性が下がったりします。このため、多くのメーカーが速さと安定性、耐久性のバランスを考えてシューズを開発します。

そんななか、HOKAがチャレンジングな1足を発売開始しました。「CIELO X1」は速さを追求するために、速さに関係ないすべての要素を排除し、洗練されたデザインに仕上がっています。これまで開発されたHOKAのシューズと何が違うのか、詳しく見ていきましょう。

速く走るためだけの機能性と最先端のテクノロジーを搭載

「CIELO X1(シエロ エックス 1)」は速さだけを追求して開発されたシューズで、速さをもたらすことのない要素はすべて削ぎ落とした高速レーシングシューズです。もちろん言うまでもありませんが、World Athletics(世界陸連)の承認を受けており、レースで着用できます。

特徴は大胆な切込みを入れて軽量化したソールで、カーボンプレートを反発性の優れた2層のPEBAフォームで挟む、HOKA独自のProFlyX(TM)構造を採用しており、最高のエナジーリターンを実現。カーボンファイバープレートは足指の付け根の内側と外側に向かって広げた非対称のウイング形状にアップグレードし、よりスピード感を生み出します。

さらにHOKAの初期のMetaRocker(TM)を採用することで、ナチュラルな推進力によりランナーを前へと進めてくれます。アッパーは新開発のエンジニアードニットを採用することで、足を包み込むようなフィット感と通気性を確保するなど、HOKAの持つ最新テクノロジーを惜しみなく注ぎ込んだ1足になります。

あえて不安要素があるとすれば、28cmで264gという重さくらいでしょうか。重さを感じないだけの反発力があることは容易に想像できるため、そこまで大きな不安要素ではありませんが、一般的なレーシングシューズと比較するとやや重たく感じるかもしれません。

ただそれは、「CIELO X1」を選ばない理由にはなりません。少なくともHOKAのシューズを愛用する人にとっては、自分のポテンシャルを100%引き出すことができる1足です。過去の自分を超えていくために日々のトレーニングを積み重ねているという人は、必ずチェックしておきましょう。

HOKAプロダクト担当バイスプレジデント
コリン・イングラムのコメント

「CIELO X1」は、ダイナミックなプレート搭載ミッドソールシステムに重点を置いて作られました。新しい革新的なプレート形状は、シューズのジオメトリーを極限まで活用し、前足部のロッカーはストライドを前進させます。

HOKAのプロダクトチームは、HOKAアスリートとともに「CIELO X1」をテストし、表彰台と自己ベストを狙えるHOKA最高峰のレースシューズに作り上げました。HOKAの最速シューズを試していただくのを楽しみにしています。

CIELO X1 商品概要

Evening Sky/Lettuce (2月1日発売)
Cerise/Solar Flare (2月22日発売)

価格38,500円(税込) 
発売日2024年2月1日(木)
※Cerise/Solar Flareは2月22日(木)
カラー・Evening Sky/Lettuce
・Cerise/Solar Flare
サイズ23.0-29.0cm, 30.0cm
重さ264g(28cm片足) 
ソールスペックオフセット7mm
ヒール39mm/フォアフット32mm(28cm)

ランニングシューズカテゴリの最新記事