今度のGARMINは2倍長持ち!「Garmin ForeAthlete 245」

今度のGARMINは2倍長持ち!「Garmin ForeAthlete 245」

そろそろGARMINの新しいモデルが出るのではないかと、そわそわしていたランナーさんもいるかと思いますが、ようやく新モデルの発売が決まりました。

・ForeAthlete 245(税抜34,800円)
・ForeAthlete 245 Music(税抜39,800円)
・ForeAthlete 945(税抜69,800円)

ForeAthlete 945はマルチスポーツ対応ということですので、ランナー向けというよりはトライアスロンなどの選手に適しています。また、気圧高度計や電子コンパスなどの機能もありますのでトレランの選手でも使いやすい1台になるはずです。

ただ、フルマラソンを中心に走っているというランナーさんなら、ForeAthlete 245で十分です。ForeAthlete 245 Musicは音楽再生がプラスされただけですので、これは好みで選んでください。

気になるのはForeAthlete 245がForeAthlete 235とどこが違うのかということですよね。

・バッテリー稼働時間:最大11時間→最大22時間
・Body Battery機能の追加
・セーフティ機能の追加

この3点が大きな違いです。嬉しいのはバッテリー稼働時間が2倍になったということです。これまで11時間まででしたので、ウルトラマラソンに使うには心もとないという状態でしたが、22時間なら100km以上のレースでも使えます。

音楽を流しながらでも6時間可動できますので、お気に入りの音楽を聞きながら、最後までごきげんで走り続けることもできます。

Body Battery機能は自分の疲労具合を数値化して見ることができる機能で、数値が変化することで、体に充電(休息)が必要かどうかを判断することができます。日本人のランナーはオーバートレーニング気味ですので、この機能をうまく活用すればケガを防ぐことができます。

セーフティ機能はランニング中の緊急時などに、選択した連絡先と自分の現在地を共有できる機能です。これによって家族に心配をかけることなく、思う存分ランニングを楽しむことができます。

もちろん、これまでの機能も継続しています。

・ライフログ機能
・トレーニング分析機能
・心拍計測機能
・スマートウォッチ機能

ForeAthlete 245はGPSランニングウォッチに、スマートウォッチと活動量計、そして音楽再生プレーヤー機能が加わったガジェットです。高機能すぎて使いこなせないという人もいるかもしれませんが、逆にいえばこれを選んでおけば間違いありません。

価格も34,800円ですので、安くはありませんが手が出ない値段ではありませんよね。ボーナスの支給日も近づいてきましたので、買うものリストに加えておくといいかもしれません。

ただ、すでにForeAthlete 235を使っているという人は、あえて購入するほどの理由はありません。ウルトラマラソンに挑戦するという人や、音楽を聞きながら走りたいけど、スマホは持ちたくないという人なら買い替えてもいいと思いますが、それ以外に買い替える理由はありません。

ForeAthlete 230よりも古いモデルを使っている人は、そろそろバッテリーも消耗しているかと思いますので、ForeAthlete 245は「買い」です。もちろん、予算に余裕があればということになりますが。

発売日は5月16日(木)。急いで購入する必要はないかと思いますが、すでに予約は始まっています。発売日に確実に手にしたいというランナーさんは、予約して確保しておきましょう。

ForeAthlete 245/ForeAthlete 245 MUSIC商品概要

レンズ素材Corning Gorilla ガラス 3
ベゼル素材繊維強化ポリマー
クイックリリースバンドあり(20mm、業界規格)
ストラップ素材シリコン
サイズ42.3 x 42.3 x 12.2 (mm)
外周:127-204mm
ディスプレイ直径1.2インチ(30.4 mm)
解像度240 x 240 ピクセル
ディスプレイタイプ半透過メモリインピクセル(MIP)
重量 38.5 g
稼働時間スマートウォッチモード:最大7日間
GPSモード:最大22時間
GPS+音楽モード:最大6時間
防水等級スイム、5ATM
表示カラー
内蔵メモリ/履歴200時間のアクティビティ追跡データ

ランニングギアカテゴリの最新記事