「FLOPEEZE オリジナル」でさいたま国際マラソンを走ってみた!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裸足ランニングをこよなく愛する編集長の重松です。

大阪マラソン、下関海響マラソン、THE RISE256、裸足100km世界記録チャレンジと連続して裸足で完走してきたのですが、4週連続5レースの最終であるさいたま国際マラソンは制限時間がなんと4時間!

大阪マラソンも下関海響マラソンもほぼ5時間かかってゴールしたことを考えると裸足でのさいたま国際マラソン出場=リタイアという未来予想図しか見えません。

とはいえ普通のランニングシューズで走るのも面白くない!

そこで見つけたのが「FLOPEEZE オリジナル」。超最新鋭の技術をふんだんに盛り込んだ裸足系ランニングシューズ…ではなく新感覚のビーチサンダルです。秋のメレルフェスで500円で買いました。

ところがこれ、これまでの裸足系ランニングシューズを遥かに凌駕するレベルで裸足感覚です。

どういうことかというと、裸足と裸足系シューズの最大の違いは足裏で路面を感じられるかどうかということで、裸足系シューズはソールが薄いとはいえゴムで出来ているのでアスファルトの小さな凹凸がわかりにくくなります(そこが利点なんですが)。

ところがこの「FLOPEEZE オリジナル」はアスファルトの凹凸だけじゃなく本当に小さな小石を踏んだまで足裏に伝わってきます。ただし足裏は裸足の時よりも確実に保護されています。これぞ裸足感覚ですよ!

走りながら路面の状態がほぼダイレクトに伝わってきて、これ超楽しい!

不安要素は500円のサンダル(定価は約2,000円)はフルマラソンに耐えられるのかということと、実際に足裏が後半までもつのかということ。

これはもう裸足で走っているのと同じだと考えて、基本的には道路の端にある白線上を走ります。

それでも人を抜くときや交差点ではアスファルト上を走るのですが、びっくりするぐらい路面の状態が足裏に伝わってきます。裸足だとその感覚も麻痺してくるのですが「FLOPEEZE オリジナル」だと足裏が保護されている分、ずっとアスファルトの状態が伝わってきます。

裸足ランナーではないとわからないのですが、アスファルトと一括りにできないぐらいアスファルトにはいろんな状態の路面があります。最新のアスファルトは水はけを良くするためにかなり荒い路面になっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてさいたま国際マラソンのコースもほぼ荒いアスファルトで裸足ランナー泣かせです。

ただわたしは「FLOPEEZE オリジナル」を履いているので路面の感覚は伝わってくるものの今回は足裏へのダメージは少なめで、ギリギリ4時間ペースで前半を終えます。

後半は連戦の疲労から足のあちこちが悲鳴を上げ始めたのですが、白線上を走っているときはそれでもなんとかスピードを維持できます。

ところが距離が進むにつれて走れなくなったランナーがコース端に避けてきて白線上を歩くので、それを避けるときに荒れたアスファルトを踏み、スピードダウン。エイドも後半はこまめにあって白線上に設置されているのでそのたびにコース変更でスピードダウンです。

後半になると少し大きめの小石を踏んでしまうと明らかな痛みを感じます。

ただし裸足の走りに近いフォームを維持できているので足がパンパンになるような消耗はありません。ペースをなんとか保ちながら41キロ地点まで到達。そこで体に限界が来ました。JRの高架下をくぐって坂を上りきったところで出しきってしまった自分がいました。

制限時間残り8分で1キロ。もうこうなったら気持ちで走るしかありません。シューズがどうだとか白線の上を走らなきゃとかすべて取っ払ってとにかく前へ。

そして3時間58分14秒、なんとか制限時間内にゴールできました!

いやぁ危なかった。これでリタイアしてたら「FLOPEEZE オリジナル」のせいにしようかと思いましたが、むしろ「FLOPEEZE オリジナル」のおかげで完走です。「FLOPEEZE オリジナル」で走るのめっちゃ楽しいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて問題の「FLOPEEZE オリジナル」の42キロを走り終えての状態ですが、裏側がボロボロです…

当然ですね、ただの布で42キロも走ったらそうなりますって。でも補修すればまた履けるような気もします。ちょっと強度のある布で補修したら自分専用の「FLOPEEZE オリジナル」が作れそうです。

というわけでフルマラソンは「FLOPEEZE オリジナル」で完走できるんだよ!

1万円以上もする高級シューズ履かなくても500円で買ったサンダルでフルマラソン4時間以内に完走できちゃうんです(ボロボロになりましたが)。

IMG_2034

東京マラソンも気温が低かったら「FLOPEEZE オリジナル」で走るかな。基本的には裸足で走るつもりですが。あとは2足持ってウルトラマラソンを走るのもいいかもしれません。夢は広がります。

あ、普通のランニングシューズを履いたらもっと楽に走れたでしょ…とか言わないでくださいね。「FLOPEEZE オリジナル」のおかげで楽しく走れたのでそれでOK牧場!

ちなみにこの「FLOPEEZE オリジナル」はハイマウントのウェブサイトで購入できますよ~
興味がある人はぜひお試しください!

ハイマウント「FLOPEEZE オリジナル」販売ページ

スポンサーリンク