「駅伝魂」を描く至高の青春小説『タスキ彼方』発売&記念イベント開催決定

  • 2023.12.14
  • (更新日:2023.12.13)
  • 書籍
「駅伝魂」を描く至高の青春小説『タスキ彼方』発売&記念イベント開催決定

駅伝小説のベストセラー『タスキメシ』シリーズの著者・額賀澪氏が、2024年で第100回を迎える箱根駅伝への気持ちを込めた新刊小説『タスキ彼方』を刊行しました。戦時中に開催された「幻の箱根駅伝」と「最後の箱根駅伝」、そして戦後の「復活の箱根駅伝」。戦時下と現代の青年達の箱根駅伝への熱い想いを交錯させて描く至高の青春小説です。

小説の発売を記念して、著者である額賀澪氏と2代目山の神、柏原竜二氏の対談イベントも開催され、現在参加者を募集しています。小説の内容をより深く楽しみたいという方は、ぜひ発売記念イベントにご応募してください。

Advertisement

箱根駅伝にかける熱い想いが交錯するスポーツ小説

原晋氏 青山学院大学駅伝部監督
「箱根駅伝に想いを寄せる学生諸君の一途な気持ちに泣かされました」

柏原竜二氏 箱根駅伝レジェンド
「箱根駅伝は、今も昔も『自分の想い』『誰かの想い』をのせていく。本書を読めば、 箱根駅伝の歴史と本質、何より魅力が見えてくる」

【あらすじ】

「どうしても、箱根を走ってから死にたい」

ボストンマラソンの会場で、偶然古びた日記を受け取った新米駅伝監督・成竹と学生ナンバーワンランナー神原。それは、戦時下に箱根駅伝開催に尽力したとある大学生の日記だった。

過去を覗いた二人が思い知ったのは、美談でも爽やかな青春でもない、戦中戦後の彼らの壮絶な軌跡。そこには「どうしても、箱根駅伝を走ってから死にたい」という切実で一途な学生達の想いが溢れていた。現代の「当たり前」は昔の人々が死ぬ気で勝ちとってきた大会と知った彼らは・・・・・・・。

そして、戦時下の駅伝を調べる彼らに起きた、信じられないような奇跡とは。
先人達の熱い想いが積み重なり、第100回箱根駅伝は開催される。
戦中に開催された「幻の箱根駅伝」と「最後の箱根駅伝」、そして戦後の「復活の箱根駅伝」。
箱根を走ることに命を賭けて挑み、散っていった青年達の熱い想い青春を令和の現代と交錯させて描く。

「タスキは私達自身で、私達の祈りで、願いで、弔いで、未来です」

書誌情報

『タスキ彼方』
著:額賀澪
定価:1,980円(税込)
四六判・320ページ
発売日:2023年12月8日
小学館・刊 

『タスキ彼方』刊行記念イベント開催概要

2024年1月に第100回を迎える箱根駅伝。その興奮冷めやらない時期に、駅伝の魅力と歴史を箱根駅伝レジェンド・柏原竜二氏と『タスキ彼方』著者・額賀氏が語り尽くします。2代目山の神として箱根駅伝ファンの心に強く焼き付いている柏原竜二氏は、駅伝をはじめとした多くの陸上競技で解説者としても活躍されています。

箱根の裏話や振り返りを選手・解説者の経験をもつ柏原竜二氏に伺うという駅伝ファン垂涎の企画となっています。箱根駅伝の歴史的側面については、取材し尽くした作家・額賀澪氏に語っていただきます。駅伝ファンの方はもちろん、陸上ファンも小説ファンも、ちょっと興味を持っていただけた方も大歓迎。

ぜひ、ふるってご応募ください。

●日時
2024年1月8日(月・祝日) 午後2時スタート(開場 13時30分)

●場所
小学館 2階 講堂(東京都千代田区一ツ橋2-3-1)
東京メトロ 半蔵門線/都営新宿線/都営三田線
神保町駅 A8出口 直結

●人数
来場者 約50名  リモート 若干名

●参加費
来場者・リモート参加 共に2,000円+税
※特別サイン本『タスキ彼方』(1,980円)の書籍代を含むサービス価格です。
※リモート参加者には後日特別サイン本が発送されます。

●お土産
・小説『タスキ彼方』(登壇者 柏原竜二氏・額賀澪氏 ダブルサイン入り)
・駅伝グッズが当たる抽選会が実施されます。

イベントの詳細・お申し込みは下記リンク先をご参照ください。
https://sho-cul.com/courses/detail/438

書籍カテゴリの最新記事