プレッシャーを乗り越えろ!アディダス新グローバルキャンペーンが日本にて世界先行ローンチ

プレッシャーを乗り越えろ!アディダス新グローバルキャンペーンが日本にて世界先行ローンチ

アディダスが2024年のスタートに合わせて、「YOU GOT THIS(大丈夫、いける。)」をメッセージに、アスリートがプレッシャーから解放され、純粋にスポーツに向き合うことで広がる可能性をテーマとした新グローバルブランドキャンペーンを、2024年1月1日(月)より開始しました。

2024年はさまざまな世界的スポーツイベントが開催され、アスリートとファンにとって大きな意味を持つ1年です。そんな新年の幕開けに合わせ、アディダスが世界に先駆けて本キャンペーンを日本にて先行ローンチしました。

Advertisement

自分の力を最大限に引き出すためのキャンペーン

今回のキャンペーンのテーマは、スポーツをする中で誰もが向き合うことになる「プレッシャー」。周囲の応援や期待がプレッ シャーとなり、本来のパフォーマンスが発揮できないなど自らの可能性が狭まってしまった経験は、誰にでもありますよね。

それはエリートアスリートのみならず、私たちアマチュアアスリートや部活生でも変わりません。マラソン大会当日にプレッシャーに押しつぶされてしまった経験のある人もいますよね。もし、そのプレッシャーから解き放たれ、改めて自分の可能性を信じることができたら?

その疑問に答えるべく、今回のキャ ンペーンでは様々なアスリートの視点を通して、プレッシャーへの向き合い方、そしてそのプレッシャーから解き放たれることで発揮できる人々の本当の可能性に焦点を当てていきます。

第一弾キャンペーンフィルムでは、新年最初のスポーツモーメントのひとつであり、日本発祥の 伝統的なスポーツカルチャー「駅伝」にフォーカス。クイーンとデヴィッド・ボウイの名曲「アンダー・プレッシ ャー」に合わせて、プレッシャーを乗り越えて走り出していくランナーの姿を描いています。

新しい1年に向けてのモチベーションを高めるために、ぜひ特別なこの動画をご覧ください。

プレッシャーとどう向き合っていますか?

■青山学院大学 陸上競技部 黒田 朝日選手コメント

僕自身、実はあまり緊張とかしないタイプで。結構プレッシャーがかかっている場面でも、基本的には自分の事しか見えていません。性格的なものも大きいかもしれませんが、その時々の環境や空気感に自分が左右されることもあまりないので、試合などで外さない安定感には自信があります。

■國學院大學 陸上競技部 平林 清澄選手コメント

めちゃめちゃ弱いんですよ、プレッシャーに。本番の一か月前くらいから、走り出すギリギリくらいまでずっと緊張しています。はじめから自信を持って『よっしゃ、行くぞ!』みたいなことはほとんどなくて。走っていても『頑張るぞ。いけるかな?いけるだろ。いけるはず!』みたいな。でも、もう、ただただ負けたくない。走れば走っただけ強くなると思っているので、負けたくないからひたすら走る。それが僕の根底にあるものです。

Advertisement

アスリート着用アイテム

■黒田朝日選手、平林清澄選手着用モデル

ADIZERO TAKUMI SEN 10(アディゼロ タクミ セン テン)

山を制する駅伝ランナーへ。5キロから15キロ、駅伝やハーフマラソンといった短距離のロードレースで最速へのパフォーマンスを発揮する、高反発推進テクノロジー搭載最新軽量レーシングモデル。

価格:22,000円(税込)

■主人公ランナー着用モデル

ADIZERO ADIOS PRO 3(アディゼロ アディオス プロ3)

マラソンで最速に挑むランナーへ。マラソンやハーフマラソン、駅伝で勝利と最速に挑む、高反発推進テクノロジー搭載爆速レーシングモデル。

価格:26,400円(税込)

ランニング情報カテゴリの最新記事