マラソン大会の雨の日対策、雨でも快適な服装を考える

rain-985874_1920

そろそろ気温がぐっと下がり絶好のマラソンコンディションとなってきましたが、そうなると気になるのがマラソン大会当日のお天気ですね。気温が低くなっているので晴れの日は気持ちいいのですが、雨が降ったときに対策をしていないと完走は遠のいてしまいます。

今回は雨の日のマラソン大会対策について考えていきましょう。

雨の日に必須なポンチョ

umbrella-783685_1920

雨の日はどんなにオシャレなウェアを用意していてもポンチョで体が濡れないようにしてください。走って温まっていくとしても雨による寒さのほうが上回ります。ましてはすべて走り切るだけの体力がない人はポンチョを使って体が雨に濡れない工夫をしてください。

高級なものは必要ありません。使い捨ての気持ちで100円ショップのポンチョを使うのもいいですし、大型のゴミ袋に穴を開けて被るのもいいでしょう。さすがにゴミ袋は…というおしゃれランナーさんはアシックスなどから専用のポンチョが発売されているので大会前日までに買っておきましょう。

肌を濡らさないウェアを選びましょう

believe-197091_1920

雨に濡れるのを避けるために長袖シャツで完全に保護したつもりが、雨が染みこんでジャージは重くなるし、体が冷えてしまい走れなくなったというランナーもいるかと思います。完全に雨の場合、長袖シャツは防寒どころかむしろ体を冷やす可能性がありるので注意が必要です。

雨を通さないファイントラックのドライレイヤーを着ておくと、肌をいつもでドライな状態にしておけるので、雨の日のインナーにおすすめです。もちろん雨でない日でも汗で体が冷えないようにするためにも使えますので、マラソン大会用のセットとして一組用意しておくといいでしょう。

ランニングキャップで視界の確保

construction-646914_1920

ランニングキャップを使うのは晴れた日だけではありません。雨の日もランニングキャップを積極的に使ってください。撥水性のキャップを選べば髪の毛の濡れを最小限に抑えることが出来ますし、何よりも目に入ってくる雨を回避することが出来ます。

暑い日用にメッシュのランニングキャップ、雨の日用に撥水性の高いランニングキャップをそれぞれ用意しておくといいでしょう。

サングラスで目を守れ!

color-run-698417_1920

ランニングキャップと同じくですが、サングラスも晴れの日だけに使うものではありません。走っているときに雨が目に入ると精神的に気持ちが弱ってきます。目に入る雨に脳が反応して「もう走るな」という信号を送っているのかもしれません。

撥水機能のついたサングラスでなおかつ視界を明るくしてくれるレンズのついたサングラスを選びましょう。最近のサングラスは明るいのを暗くしてくれるだけではなく、逆に暗さを明るくしてくれるものもあります。レンズ交換のできるタイプがおすすめです。

まとめ

雨の日のマラソンはとにかく「体を冷やさない」ことに集中してください。そのためには体を濡らさない、顔も頭もできるだけ濡らさないことが大切です。

しっかり準備ができていれば雨だからといって不安になる必要はありません。冷えをうまくコントロールすればむしろタイムは出やすくなるので、雨対策をしっかり行って、雨の日もレースを楽しみましょう!

スポンサーリンク