ROAD TO HARUKAS SKYRUN〜ハダシストの挑戦〜:第7回

階段向けの体づくりを行うようになって、下半身がかなりしっかりしてきました。ウエストは今年の2月から8cm増えています。体重は2kg増加ですが、これは特に食事コントロールもしていないので、実際のところは通常の体重です。

はっきりとした変化は腹筋周りとふくらはぎに現れています。いずれもこれまでにない太さになっていますが、今回はそれがマイナスになったお話をします。

日本一早いマラソンレポートでもご紹介しましたが、いわて奥州きらめきマラソンに出場してきました。昨年は気温が高くなったという話でしたので、とくにタイムを出すつもりもなく、調整ゼロでスタートラインにたちました。

そして走り出してすぐに、下半身の重さに気づくことになりました。

これまでの練習はすべて「10分間でいかに出し尽くすか」をテーマに行っていますので、長距離というよりは中距離向きの体づくりになります。ランニングの距離にすると3kmにもなりません。

爆発的な瞬発力と、粘り強い持久力の両方を兼ね備える必要があります。その結果が筋力アップだったのですが、これがフルマラソンになったら、ただの錘にしかなりません。フルマラソンでは瞬発力が必要ありませんので、筋肉は無用の長物です。

ボストンマラソンを制した川内優輝選手は比較的筋肉があるタイプですが、実業団のランナーはほとんどが細身で、体の無駄を極限まで削ぎ落としています。

そういう人が階段で強いかどうかとても興味がありますが、おそらく途中で止まってしまうのではないかと思います。むしろ筋力がしっかりあるトレラン選手のほうがいい結果が出るような気がします。

ただ、トレラン選手もロング走をメインにする人が多いので、やっぱり階段は階段を専門でやっている選手が強いはず。ただ、その仮定が正しいかどうかを試すためにこの挑戦をしているわけですから、答えが出るのは今年の11月です。

もしこの仮定が正しいとするなら、私のフルマラソンのタイムはかなり落ちてしまう可能性があります。日本ではやっぱりフルマラソンの結果が重視されますので、マラソン用の体づくりが優先されますよね。

フルマラソンのタイムを落としてまで階段にかけるなんて人は、かなり少数派ではないでしょうか。フルマラソンのタイムを落としてまでトレランをするランナーはかなりいるのですが……

それだけ階段垂直マラソンがまだまだ浸透していないのが現状です。

ただ、1度でも参加したことのある人なら、あの高揚感を忘れることはできないはず。たった10分にすべてを出し切る。心臓が飛び出るのではないかと思うくらい自分を追い込める快感。

文章にするとただの変態ですね。

とりあえず今回はっきりしたのは、階段垂直マラソン用の体とフルマラソン用の体はまったく違うということです。当たり前だと思うかもしれませんが、これも体づくりをしてフルマラソンを走って初めて分かったことです。

ただ、フルマラソンで変な失速をしなくなりました。これまでは走れなくなると一気にタイムが落ちたり、歩きだしたりしたのですが、今回は失速してもある程度のところで踏みとどまることができました。

これがすべて階段垂直マラソン用の体づくりの結果とは言えませんが、10分間追い込むという練習をしたことで、諦めるということをしなくなりました。坂道もこれまで以上に力強く上がっていけます。

ただ物理的に足が重い。

ハルカススカイランで結果が出たら、主戦場を階段にするのかフルマラソンに戻すのか、本気で考えなくてはいけなくなりそうです。この2つを同時に行う二刀流は私にはできそうもありません。

そういう意味では打って投げての大谷翔平選手が、いかにすごいのかを間接的に知ることになりました。同じ走るだけでもこんなにも筋肉の付け方が違うわけです。才能と努力が重なると凡人にはもうどうしようもありません。

幸い、階段垂直マラソンの世界はまだブルーオーシャンです。その気になれば誰もがトップアスリートに近づけるくらいの状況です。もちろん上位陣はとんでもないレベルですが、そういう人たちが何千人もひしめき合っているわけではありません。

マラソンで頑張るというのもいいのですが、マラソンだけがランナーが目指すべき場所ではありません。前に向かって走るのではなく、上に向かって走るという現代だからこそできる競技が階段垂直マラソンです。

秋のハルカススカイラン。まだ正式な開催日が告知されていませんが、Vertical World Circuitのサイトでは11月4日開催となっています。秋のマラソン大会シーズンのど真ん中ですが、大会を入れていないという人はぜひスケジュールを空けておいてください。

正式な開催日が決まり次第、この連載でもご紹介します。

ROAD TO HARUKAS SKYRUN〜ハダシストの挑戦〜:第1回
ROAD TO HARUKAS SKYRUN〜ハダシストの挑戦〜:第2回
ROAD TO HARUKAS SKYRUN〜ハダシストの挑戦〜:第3回
ROAD TO HARUKAS SKYRUN〜ハダシストの挑戦〜:第4回
ROAD TO HARUKAS SKYRUN〜ハダシストの挑戦〜:第5回
ROAD TO HARUKAS SKYRUN〜ハダシストの挑戦〜:第6回
ROAD TO HARUKAS SKYRUN〜ハダシストの挑戦〜:第7回
ROAD TO HARUKAS SKYRUN〜ハダシストの挑戦〜:第8回
ROAD TO HARUKAS SKYRUN〜ハダシストの挑戦〜:第9回

スポンサーリンク