ジョギングは太る?ランニングで体重が増えてしまう理由

ジョギングを始めたばかりのランナーさんが陥りやすい勘違い。それは「走ると痩せる」ということです。走ることで消費カロリーが増えれば、当然痩せるだろうと思うかもしれませんが、ところが実際には「走って太る」のが普通です。

ではなぜ、ジョギングで太るのでしょう?ベテランランナーさんなら、すでに気づいていることかもしれませんが、ここではランニング初心者のために、太るメカニズムについてご紹介していきます。

1kgの脂肪を落とすのに必要なのは7200kcalの運動

これを聞くと絶望的な気分になるかもしれません。脂肪を1kg減らすのに必要なのは7200kcalの運動です。体重にもよりますが、軽い30分のジョギングで消費するカロリーは240kcal程度ですので、33gの脂肪が消費されます。

3日に1回のジョギングで毎月10回走るとするなら、333gの脂肪が使われて、それだけ体重が減ることになります。

何もしないよりは良さそうですね。でも走って痩せるというイメージとはまったく違うかと思います。ランニングを始めたら、みるみるスマートになっていくという印象があるかもしれませんが、実際にはかなり地道な作業になります。

痩せないわけではありませんが、かなり非効率です。しかも、ジョギングにはちょっとした罠も隠されています。どんな罠なのか次章で詳しくご紹介していきます。

走ったら食べたくなるという罠

あたり前のことですが、運動をすればお腹が減ります。エネルギーを消費しているので当然ですよね。問題は消費した以上に食べてしまうということです。240kcalといえば、おおきめのおにぎり1個分くらい。

ビールなら350mlで2缶分くらいです。生ビールを2杯飲んだらもうカロリー収支がプラスになってしまいます。走ったあとに、ラン仲間と一緒に食事をするという人も多いかと思いますが、そこでカロリーを摂取しすぎてしまうわけです。

走ったらお腹が空くのは、人間の体の構造としても仕方のないことです。疲労した分を回復するのにたくさんの栄養素が必要になります。体は少しでも早く回復させたいから、エネルギーもたくさん摂取します。

走って痩せたいなら、食事量を増やさないという強い気持ちが必要になります。でも、それに成功する人は、そもそも太ってたりしません。いま、体重を減らしたい人は、ストイックにはなれないタイプの人ですから、走って痩せるのにはあまり適していないことは容易に想像がつきます。

痩せたいなら食事制限も合わせて行う

走って痩せるのはかなり難しいことですが、これに食事制限も合わせるなら、思った以上の効果を得ることができます。

難しいことはありません。糖質を減らすとか、脂質を増やすとか手法はいろいろとありますが、そういうのは小手先のテクニックに過ぎません。糖質を減らせば、体内の水分量が減るので体重は減ります。でも脂肪が減ったわけではありません。

脂肪を減らしたければ、摂取カロリーを減らすだけです。でも、食べる量を減らすとダイエットはまず間違いなく失敗します。脳に空腹感を与えてしまうと、脳が危機を感じて「食べたい」欲が増えてしまってリバウンド。

そうならないためには、脳を騙すのが一番です。典型的な方法のひとつが低カロリー食材を中心に摂るということです。こんにゃくやサラダというのが昔からよく使われる食材で、今でもダイエット効果が高くおすすめです。

3食のうち1食分だけ、ご飯をキャベツに置き換えるのでも構いません。これくらいなら無理のない範囲で糖質も抑えられ、さらにはカロリーも低くて、食物繊維も多く摂れます。しかも満腹感も得られる万能食材です。

痩せたいなら、とにかく空腹感なしに摂取カロリーを抑えることです。そこにジョギングを組み合わせれば鬼に金棒。当初の目的どおりにしっかりと痩せることができるはずです。

痩せなくてもいいのではないかという提案

ジョギングで痩せたい人はたくさんいますが、走って痩せなくても構わないのではないかと思うときがあります。例えばダイエットのために走り始めて、体重が落ちないままフルマラソンを完走できるようになる。

そもそも痩せたいのは健康のためですよね(美しく見られたいというのもあるかもしれませんが)。フルマラソンを完走できるだけの走力があったら、それはもう十分に健康です。

そこであえて痩せる必要はどこにもありません。

もっと速く走れるようになりたいというのであれば、痩せるための努力も必要ですが、フルマラソンやハーフマラソンを完走できる体力があるなら、そこから頑張って痩せる必要はありませんよね。

そもそも遺伝的に筋肉がつきやすい人もいます。走ったらすぐに筋肉が付いてしまう人は、走っても痩せるのではなく太っていきます。

痩せるためにジョギングを始めた人には、酷な話かもしれませんが、走って痩せるというのは、そもそもダイエット方法としては正しくありません。食事制限が難しいなら、痩せずに健康になるという方向へ舵を切ってみてはいかがでしょう。