「フルマラソンを初めて走る人へ」ハーフマラソンのエントリーをしよう

sport-970443_1920

「フルマラソンを初めて走る人へ」の3回目です。
フルマラソンを初めて走る人がもっとも心配なのは42.195kmも走れるのかということでしょう。

10kmしか走ったことない、ハーフマラソンの距離までしか走ったことない。

不安な気持ちわかります。私なんてフルマラソンが不安すぎてフルマラソン走る前に24時間マラソン個人の部のエントリーしちゃったぐらいですから。

でも距離なんて経験なんです。その距離をきちんとイメージできれば人間は50kmでも100kmでも走れます。フルマラソンの距離をイメージが出来ないからこわいんですね。

「大会前に30km走はやっておいたほうがいい」と多くの人が言うのはフルマラソンの距離をイメージできる(残り12km)ことと、それを足に覚えさせることにあります。

でも私は初フルマラソンの人に30km走はおすすめしません。30km走をするぐらいなら1日かけて30km歩いたほうがいいです。

それよりもハーフマラソンのエントリーをしましょう。大会の2ヶ月前から1ヶ月前でいいです。

ハーフマラソンは走れるのわかっているから必要ないと思うかもしれませんが、ハーフマラソン走り終えてどうでした?全部出し切った感じになってませんか?これからエントリーするハーフマラソンはフルマラソンのためのハーフマラソンです。

出しきる走りをしてはいけません。走り終えて「まだちょっと走れるかな」というぐらいの余裕を持ってゴールします。普段のハーフマラソンのペースよりも1分/kmぐらい落としてください。もしくは関門ギリギリの時間に設定します。

ここで身につけるのは「周りに流されないで自分をコントロールする」ことと「フルマラソンはわからないけどハーフマラソン以上はもう少し走れるかな」という感覚です。

こういうのは大会に出ないと身につきません。しかもフルマラソンのためのハーフマラソンだと意識することが重要なので、普通にハーフマラソンを走るのとは違ってきます。

フルマラソンを意識して走ってみると気付くところもたくさんあると思います。そういうものを身につけるためにまずは近場のハーフマラソンをエントリーしましょう。

連載「フルマラソンを初めて走る人へ」
第1回 走るよりも歩くことから始めよう
第2回 ラン仲間を見つけよう
第3回 ハーフマラソンのエントリーをしよう
第4回 ランニングシューズの選び方
第5回 大会中の服装について
第6回 レース中の給水はこまめにしよう

スポンサーリンク