「フルマラソンを初めて走る人へ」ラン仲間を見つけよう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「フルマラソンを初めて走る人へ」の第2回です。
前回は「走るよりも歩くことから始めよう」というテーマでお話しましたが、今回は走りを楽しむために必要なことを書いておきましょう。

マラソンを走るきっかけは人それぞれで、遊び仲間や会社の同僚に誘われたという人もいれば、健康診断の結果が気になって…という人もいるでしょう。

個人でコツコツ練習する人、誘ってくれた人と走るのもいいですが、せっかく走っているんですからそれだけじゃもったいない!

ランナー同士って磁石のように引き付け合うんですよ。だから「マラソン大会を走りながら友だちができた」というのも珍しい話ではありません。RUNNING STREET 365が運営に関わる万里の長城マラソンでは毎年新しい出会いが生まれています。

そしてラン仲間がいると走るのが楽しくなります。一緒に走る予定を入れることで練習も走行距離も自然と増えていきますよ。

初めてのフルマラソンで不安だけど自分ひとりでは練習する気が起きない人はぜひラン仲間を増やしましょう。

そんなこと言われても…という人の気持ちわかります。ランニング中にすれ違う人に「仲間になりましょう」というわけにはいきませんもんね。あなたがどんな美男美女でもあやしい宗教だと思われてしまいます。

ラン仲間を増やすには練習会に参加することです!

先日紹介したようなランニングステーションでは毎日のように練習会が開催されています。アディダスやナイキのショップなんかでも練習会をしています。

そういうところに参加することからはじめてみてください。ランニングのレクチャーも受けられて、他のランナーさんと話もできるのでラン仲間が増えるチャンスがたくさあります。

練習会に出て、どんどんいろんな人に話しかけてみましょう。恥ずかしがることはありません。みんなランニングが好きな人たちですから。「初フルマラソンなんです!」って言えばみんな優しくしてくれます。

そうやって仲間ができたら、練習会以外でも一緒に走る約束をしているうちに、あら不思議。これまでとは違ったコミュニティが出来上がっています。これがランニングの最大の魅力かもしれません。

練習を三日坊主にしないためにも、ラン仲間をみつけて競い合いながら、楽しみながら走りましょう。

連載「フルマラソンを初めて走る人へ」
第1回 走るよりも歩くことから始めよう
第2回 ラン仲間を見つけよう
第3回 ハーフマラソンのエントリーをしよう
第4回 ランニングシューズの選び方
第5回 大会中の服装について
第6回 レース中の給水はこまめにしよう

スポンサーリンク